トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ゲーミングデバイス  >  Logicool G13 レビュー ソフトウェア編

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logicool Alto Connect レビュー | トップページへ戻る | お詫び

このページのトップに戻る

2010年01月03日 Logicool G13 レビュー ソフトウェア編

Logicool G13 ソフトウェア編 表紙

Logicool G13 Advanced Gameboard

前編のハードウェア編はこちら Logicool G13 レビュー ハードウェア編

それではさっそくソフトウェア面について見ていきましょう。

Logicool G13 G-series Key Profiler

G-series Key Profiler

このソフトでマクロやキーストローク、バックライトの光色などを設定できます。

なんともかっこいいGUI。かっこよくてわかりやすい。

Logicool G13 ソフトウェア編

各機能をざっくり解説していきましょう。

プロファイル

M1、M2、M3の設定を、1つのプロファイルとして登録できます。

M1、M2、M3で合計87箇所に各機能を割り当てられます。

例えばM1にはiPhotoのショートカットキー、M2にはSafariのショートカットキーといった具合に使い分けられます。

プロファイルは複数作成でき、切り替えられるので、実際には87箇所どころか無限に機能を割り当てられます。

マクロを割り当てる

複数のキー操作を1ボタンに登録し、再生できる。

繰り返す方法は「押している間」と「切り替え」が用意されている。

「押している間」はその名の通り、押している間連続でキーが入力される。

「切り替え」は一度押すとキー入力が開始され、もう一度押すと停止。

マクロをどう使うか考えるのが楽しいですね。うまく使えば一連の動作を一度でできます。

キーストロークを割り当てる

command + Zなどのショートカットや、A、T、returnなどのキー入力を割り当てられます。

テキストブロックを割り当てる

定型文を設定できます。メールアドレスやBlogのURLが登録できてすごく快適。

テキストブロック専用のプロファイルを作って、オンラインゲームで使うのも快適でしょうね。

ショートカットを割り当てる

各アプリケーションを起動できます。

スクリプトの割り当て

スクリプト言語「Lua」で作成されたスクリプトプログラムを割り当てられます。

ざっくりと解説していきましたが、僕もまだ使いこなせていませんので深い説明はできません;;

ようやく1つのプロファイルの設定が終わり、どこになにを割り当てたか思い出しながら使っております;;笑

Logicool G13 ソフトウェア編 表紙

バックライトについて

自由に光色を選択できるバックライト。かっこよさ2割増です。

Logicool G13 バックライト_02

レッド

Logicool G13 バックライト_01

グリーン

Logicool G13 バックライト_03

ブルー

Logicool G13 バックライト_04

シアン

Logicool G13 バックライト_05

マゼンタ

Logicool G13 バックライト_06

イエロー

Logicool G13 バックライト_07

ホワイト

ご覧の通り、なかなかキレイに色が再現されております。

しかし微妙な色の違いの表現は苦手なようで、設定した色とまったく違う色になる場合も。

中間色、白や灰色などの無彩色は総じて苦手。写真のホワイトも青緑みを帯びております。

登録するなら純色ですね!

Logicool G13 LCD

LCD Manager

Macだとほとんどいじれません;;

メディアディスプレイも正しく動作せず。Snow Leopardだからかもしれません。

なのでCPUなどのパフォーマンスを表示する「パフォーマンスモニタ」のみ使用してます。

Logicool G13 チュートリアル_01

最後にチュートリアル。各種機能をかっこよく説明してます。

Logicool G13 チュートリアル_02

こういうところまでこだわって作る。さすがLogicool!

G13の近未来的なイメージが強くなりますね!このチュートリアルだけでも買って良かったと思えます。

Logicool G13_10

ソフトウェア編まとめ

設定次第でどうにでもできる無限の可能性を秘めています。

長く付き合えば付き合うほど、手放せなくなること間違いなし!

説明不足なところが多々あるので、参考サイトを貼っておきますm(_ _)m

Mac Fan

多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」

4Gamer.net

Logitech初のゲーマー向け左手用キーパッド,徹底検証(前編)
Logitech初のゲーマー向け左手用キーパッド,徹底検証(後編)

Logicool G13 Advanced Gameboard 製品情報

Logicool G13 Advanced Gameboard スペック

Logicool G13 Advanced Gameboard スペック

スポンサーサイト

Logicool Alto Connect レビュー | トップページへ戻る | お詫び

このページのトップに戻る

コメント

mixiから

ミクのリンクからきました。
私も去年の自分へのクリスマスプレゼント(笑)にG13&G19を購入し、既存のG35とあわせて三種の神器環境を満喫していたので、メッチャタイムリーな話題ですよ。Logitechイイですよね~。これからも貢ぎつづけます(笑)

コメントの編集

Re: mixiから

>>XYUVAXさん

コメントありがとうございます!

XYUVAXさんのようなPC環境に憧れます…!

最近はD3sを購入なさったようで、羨ましい限りです!

Gシリーズは神器ですよね!

G19はたしか日本未発売だったと思いますが、海外サイトで購入されたのでしょうか。

XYUVAXさんのガジェットコレクションには敵いません;;笑

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。