トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  キーボード  >  Logitech K340 レビュー

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logitech Touch Mouse レビュー | トップページへ戻る | Logicool N305の発売日が決定!

このページのトップに戻る

2010年01月24日 Logitech K340 レビュー

Logitech K340

Logitech Wireless Keyboard K340

4千円代で購入できるコンパクトなワイヤレスキーボード。

USキーボード、かな無刻印が大好きな僕はアメリカのAmazonからK340を個人輸入しました。

そのため日本法人のLogicoolではなく、Logitechとなります。

ではさっそくレビューしていきましょう!

Logitech K340

時間とお金がかかったけど、輸入して良かったと思えるかっこよさ。

左上ではなく、中央に印字されてるのがやっぱり好き。

さすがに値段が値段なので、印字は昇華印刷ではなくシルク印刷。

Logitech K340

使用イメージ。愛用のApple製キーボードより3cmほど横幅が短い。

数字で言うと対した差はないように感じるが、収縮色である黒も相俟ってもっとコンパクトに思える。

そしてやはりワイヤレス最高。使用しないときにさっと片付けられる。

Logitech K340

K340最大の特徴と言ってもいい赤。原色の赤ではなく、やや明度を低くした赤。

なんとなく"日本的な赤"ですね。

Logitech K340

さて。肝心な使用感を!

パンタグラフに見えますが、メンブレンです。

打鍵感はやや硬い印象を受けます。しかし悪くない硬さ。

打鍵音は決して静かではなく、どちらかというとうるさい。

僕はもう少しストロークの浅い、パチっとした打鍵感のほうが好みですね。

配列は特に問題ないですが、|キーが大きいのと、Backspaceキーの上にInsertキーとDeleteキーがあるのに少し戸惑います。

JIS配列の場合はInsertキーにかぶりません。

それと矢印キーがとても小さいです。開発者たちの苦心を感じます。

中央付近のキーをぐいぐい押すと、たわんでしまう剛性も少し残念ですが、使用しているときに剛性不足を感じることはありません。

Logitech K340

裏面。Apple製品のように裏まで美しいとはいきませんが、きれいにまとまっていると思います。

ネジも隠せるところはステッカーで隠してあります。

そしてご覧の通りチルトスタンドがありません。

キーボード自体に傾斜がついておりますが、無いと困る人は多いと思います。

僕は同じくチルトスタンドのないApple製のキーボードに慣らされているので大丈夫!笑

Logitech K340

電源は単3電池2本。eneloop買っとかないと。

Logitech K340

Unifyingレシーバーを収納するスペースもあります。

Logitech K340

電源スイッチ。

Logitech K340

電源を入れてから数秒間、インジケーターが灯ります。

Logitech K340_13

パッケージ。お馴染みのグリーン。

Logitech K340_14

パッケージ裏。

Logitech K340_15

Unifying(ユニファイング)レシーバー。

【統一する】という意味のまま、対応する複数の機種を1つのレシーバーで接続することができます。

これから発売されるLogicool製のマウス、キーボードにほぼ間違いなく搭載されるものですね。

Logitech K340_16

USB延長ケーブルが付属。レシーバーの受信範囲が届かない場合などに使うようです。

Logitech K340

まとめ

価格、品質ともに満足しております。

しかしN305を発売するなら、K340はテンキーレスにして欲しかったと思います。

Logitech K340_12

そしてMac OSには非対応ですが普通に使えております。不具合は修飾キーの入れ替えができないくらいですね。

MacのUSキーボードのように入力切替をしたい場合は、command + space を alt + spaceに設定すれば幾分快適です。

あと「俺もUSキーボードが欲しい!輸入したい!」という方は、スピアネットがおすすめです。

迅速かつ丁寧な対応で、また利用しようと思ってます。

Amazon.comで本体が$46、スピアネットの送料が$28、手数料が$7でした。

高くつきましたが、そこはLogicool Fan。お布施は惜しみません;;笑

Logicool K340 製品情報

Logicool K340 スペック

Logicool K340

スポンサーサイト

Logitech Touch Mouse レビュー | トップページへ戻る | Logicool N305の発売日が決定!

このページのトップに戻る

コメント

No title

どうもです★

早速ですが、Sさん助けてください。
K340という名の迷宮に完全に迷い込んでしまいました(笑

Logicoolの『Wireless Keyboard K340』を購入すると完全に決めていたのですが、注文する前にSさんのLogitechの『Wireless Keyboard K340』のレビューを見てしまい、かな無刻印の抜群のカッコ良さに心奪われてしまいましたw

価格が安い&国内で買えるLogicoolの『Wireless Keyboard K340』にするか・・・多少価格が高い&多少面倒な個人輸入のLogitechの『Wireless Keyboard K340』にするか・・・
現状では完全に迷ってますが、どちらにしても近い内に決めないとなぁ
あぁでもやっぱり、かな無刻印キーボードはカッコイイなぁw


それからeneloopスティックブースターの記事見ましたよ。
結構コストパフォーマンス良さそうですね。
何よりapple製品ともマッチしていてカッコイイですしね。
近々注文せねば。


『eneloop スティックブースター』と『Wireless Keyboard K340』を買う時は、Life+a経由で買いますね!

コメントの編集

Re: No title

>>イルミさん

2週間という期間と送料をどうとるかですよねw
合計金額ではイルミネートキーボード並の価格ですし;;w

やっぱり無刻印は最高です!

おぉ!ご覧いただけましたか!コストパフォーマンスは抜群ですね!毎日お世話になっているアイテムです。これはオススメですよー!

そうしていただけると非常に助かります;;
レビューしたい製品がたくさんあっても軍資金不足ではどうにも;;w

愛機のMX1100が1年目を目前にチャタリング気味です…。
これはM950を買えというお告げなんでしょうか;;w

コメントの編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。