トップ

--年--月--日 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

2010年03月03日 Logicool M950 レビュー

Logicool M950_021

Logicool M950

MX-RやMX1100の血を継ぐM950。ついに買ってみました。

それではさっそくレビューしていきます!

Logicool M950_002

正面

MX1100より精悍なイメージ。

USB端子が目立つのが残念です。

Logicool M950_003



引き締まっていて良いですね。筋肉質。

Logicool M950_004



大きくえぐってあります。MX-Rの血を感じますね。

シルバーの縁が精悍なイメージを強くしています。

Logicool M950_027



Logicoolのマウスらしい造形。

Logicool M950_019



大きいソールのおかげで滑りが良いです。エアーパッドソールなしでも快適ですね。

Logicool M950_016

バッテリーインジケータ

Logicool M950_018

パッケージ

定番のホワイトとグリーンの配色ではなく、ブラックとグリーン。高級感があります。

Logicool M950_023

蓋はなんとマグネットでぴったり閉じるようになってます。

パッケージデザインにもこだわりを感じます。

Logicool M950_024

では使用感を。

1年ほど使ってきたMX1100からの乗り換え。

MX1100、MX-Rより一段と精悍さが増した印象。

さらりとした質感が良い。ラバー部分もMX1100に比べより滑りにくくなった印象。

Logicool M950_007

握ってみたところ。

かぶせ持ちでのフィット感はMX1100のほうがしっくりきますね。個人的にはあと数ミリ高いほうが好みです。

M950では軽さも相俟って、つまみ持ちしたときの操作のしやすさが向上してる印象。

M950のレビューでよく見るのがボタンの位置の高さについて。

やはり高すぎますね。指一本分動かさねばならず、使い勝手が悪いです。

Logicool M950_008

この通り、移動距離が長いです。

Logicool M950_009

対するMX1100

Logicool M950_010

この通り、移動距離が短いです。

Logicool M950_006

ZOOMボタンの位置ぐらいが調度良いですね。

よく使う「戻る」などはZOOMボタンに登録したほうが快適でしょう。

Logicool M950_011

水平方向が感圧式になったホイール。MX1100より快適なポイントです。

ただ垂直クリックが押しづらく、また感度が悪い。ここはぜひ改善して欲しいですね。

もちろんHyper-fast スクローリング対応。

Logicool M950_029

MX1100より格段に押しやすくなったステルスサムボタン。感度も良好。

Logicool M950_020

ロジクール DARK FIELD レーザー トラッキング。

自慢の技術。たしかにすばらしい性能です。MX1100のレーザーではカーソルが飛ぶような面でもトラッキングできるのに驚き。

このレーザーの恩恵を受けるのはモバイル向けのM905ですね。

マウスパッドを持ち歩かなくて済むというのは便利です。

Logicool M950_012

Unifyingに対応。Logicool Fanの人はもう余ってるでしょうね(笑)

Logicool M950_025

充電用のアクセサリが収まったポーチ。

Logicool M950_013

出たな余分三兄弟!!

これが内臓のリチウムイオンバッテリーとかならわかるけど、付属する電池はeneloop1本。

eneloop1本充電するのにわざわざPCやACアダプタに繋いで充電する人なんていないだろう。

M950の評判を下げている要因のひとつ。僕も正直これは無駄な仕様だと思う。

この余分三兄弟、Logicool Storeで一式2000円ほどします。

こんな無駄なものを付属させるぐらいなら、その分安くするなり解像度を上げるなりボタン増やすなりして欲しい。

M950ユーザーの大多数がそう思っているだろう。

Logicool M950_030

単3電池1本で動作。電池の消耗がはやいので、予備に数本購入しておくと楽。

Logicool M950_005

まとめ

デザイン、トラッキング性能はLogioolのマウスでは屈指の出来だと思います。

しかし1万円という価格を考えると、ちょっと物足りない。

無駄な充電器など、お金をかける場所を間違えた感が否めません。

半額のMX1100に比べ、ボタン数、解像度共に劣り、ハイエンドとは言えない仕様。

これで解像度がMX1100と同じ1600dpiで解像度切替ボタンを備え、充電器なしならべた褒めだった。

改善して欲しいポイントをまとめると、解像度、ボタン数、ホイールの垂直クリックの感度、ボタンの位置、充電器の有無。

期待の新製品だっただけに、やはり裏切られた感は強い。

デザインが良いだけに惜しい。

デザイン云々より性能を重視する方は、5000円前後のMX1100と3000円ほどのAirpad Pro IIIを購入したほうが幸せになれると思います。

次回作に期待!!

Logicool M950_017

余談

M950の金属の縁は、フラッシュを使って撮影すると白飛びしてしまうため苦戦。

まだまだフラッシュの使い方が下手だなぁとつくづく;;

バウンスをもっとうまく使って撮ろう。

1枚目の写真は表紙に使うので気合を入れて撮りました。それでもホイール部分などが白飛び;;

難しいですね。もっと勉強せねば。

Logicool Fan MX1100 レビュー

Logicool Performance Mouse M950 製品情報

Logicool Performance Mouse M950 スペック

100303-0001.jpg


このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。